アクアリウムの書庫

特にあれこれするわけでもなく、ただ書いてみることにしてみる。

令和になってからの5月を振り返ってみよう

習慣づけるって言ってからのこの日付。今月だからセーフで(なにが)

 

 

さて、令和の五月。簡単に振り替えると気温が30度超えたり

父親のいびきに殺意がわいたり、年金の自助だったり川崎だったり

父親のいびきに殺意がわいたり、議員だったり上級国民だったり

父親のいびきに殺意がわいたり……

 

いろんなことありすぎじゃない?って(左半分違くね?)思う今日この頃。

特に気になったのは年金ですかね。

 

私はできれば30代で死にたいので年金払ってもなぁなんて考えてるんですけど

急にバラ色の人生になったら大変ですしおとなしくお金は徴収されておきます。

で、ふと記事とか見てたら月に5万くらい足らないなんて書いてあったんですけど……

 

この「5万」って言ったいいつの世代からの話なんですかね?

今の二十代が定年になったら5万なんでしょうか?だとしたらなんで5万なんて言い切れるのか?

あんまり深く考えたことなかったんですけど

定年になった時にじゃあ年金分のお金をくれる若者がいるのかわからないですし、

いなかった場合5万じゃすまないんじゃね?と。

なんとしてももらえる方法があるのかもしれないですけど絶対日本だから面倒な手続きでたらい回しですよ奥さん。

 

どちらにせよ資産運用して何もしなくても20万くらい入って来る生活にしろということですかね。(無理じゃないかな)

 

あとはまぁ厄介ごとばかりな事件ですね。

前から思ってたんですけど、なんで日本って法的な自殺とかできないんでしょうかね。

だって、生きるのも死ぬのも人に迷惑かけますし

生まれ持った環境によってその度合いも感じる感情なんて人それぞれじゃないですか。

金も名誉も生まれてきた環境で既にふるいに落とされる。というより遺伝子からふるいにかけられてると思ってるので

死ぬくらいはみんな平等な法律とかでできるようにすればなぁなんて思うんですよね。

 

いくら不本意で生まれてしまったとしても他人を引きずり落としたり

するのはどうかとは思う(ここ最近まで空リプで他人を貶していた人の言葉です)けど

それも、全員が同じスタートラインじゃ無ければ許されてしまうような

風潮を作ってるんで仕方ないですけどね。

 

とりあえず、五月の出来事で思うのは

「死ぬときゃ死ぬし、その原因がどんな状況だろうとほじくりだすだけ損。死ぬまで遊んでいられるよう金でも稼いでおこう」っていう感じです。

 

とりあえず今回はこんな感じで。

でわでわー

 

あ、ところで最近崎陽軒のごま団子(超うまい)を見かけないんだけど

販売中止したの?失うものがなくなっていくんだけど(やめて差し上げろ